1通あたりの配信コストを削減することができる

長期契約を結ぶことでさらにコストが安くなることもある

コストカットを目的としてメール配信サービスの導入を始める企業の数は年々増加の傾向にありますが、無駄な支出を少しでも減らすため、定期的にサービスの契約の見直しをすることが大切です。特に、官公庁や大手企業が利用している大手のメール配信サービスを提供する業者の中には、長期契約を結ぶことで通常よりも1通あたりのコストがさらに安くなるところも少なくありません。そのため、コストの安さを重視してメール配信サービスを利用するうえで、早期に業者ごとの料金システムを比較することが大切です。また、理想的なタイミングでメール配信サービスの契約更新をするために、日頃から信頼できる業者のスタッフとこまめに連絡を取り合うことがおすすめです。

新規の法人顧客を対象としたキャンペーンに申し込もう

法人顧客へのサポートが手厚いメール配信サービスの専門業者は多くありますが、予算の範囲内で満足度の高いサービスを受けるため、新規の法人顧客を対象としたキャンペーンに申し込みをすると良いでしょう。例えば、初回限定で月々五千円から一万円ほどの定額プランが用意されている業者は、業種や業態にかかわらず様々な立場の経営者から支持が集まっています。また、業者によっては料金が安いだけでなく、オプションサービスを良心的な価格で提供しているところや、アウターフォローに力を入れているところもあります。そこで、時間に余裕があれば、評判が良いキャンペーンの期間を利用して、様々な業界内で支持されているメール配信サービスの魅力をチェックしてみましょう。