マーケティング機能の選定

メールの効果を詳細に確認できるか

メール配信システムを選ぶ上で、まず注目をしておきたいのがマーケティング機能です。メールの効果を詳細に測定し、チェックすることができるシステムが備わっていれば、より効率的にマーケティングを行うことができます。せっかくメールを配信しても、宛先まで到達していなかったり、未開封のまま捨てられていたのでは意味がありません。開封率や到達率を確認できるメール配信システムなら、こうした部分を詳しく確認できます。送信したメール内に含まれるリンクがどの程度クリックされたのか、という点も非常に重要です。クリックされた回数やもっとも反応が大きかった時間帯などを確認できれば、メールの効果増大に役立てることができるでしょう。

見やすさやわかりやすさも重要

どんなに便利なマーケティング機能が備わっていたとしても、データを見るのに時間がかかってしまったり、わかりにくい形となっていると活用することが難しくなってしまいます。マーケティング機能でメール配信システムを比較する際には、使いやすさといったポイントも重要です。ストレスなく操作できるよう配慮されたシステムなら、手間とコストを最小限に抑えてマーケティングを行うことができます。各種管理機能が備わっているか、エラーを解析できるかといった部分も注目をしておきたいポイントです。顧客リストを集計したり、有効なメールアドレスを抽出するといった機能があれば、スムーズに管理を行うことができます。便利で使いやすい機能を備えたサービスを選んで、効果的にメールマーケティングを行いましょう。

メール配信APIを活用することで、高速かつ大量のメール配信が可能となります。大量に配信するための設備投資やメンテナンスの必要はなく、業務の効率アップを期待できます。