PDCAサイクルを早く回すことができる

メール配信を手作業で行うデメリット

顧客にメールを配信する目的は、「自社の商品やサービスに興味を持ってもらうこと」と「メールを通して自社の商品やサービスの売上を向上させること」です。目的を達成するためには、どのようなメールを作成すると顧客の興味を引くのか検討する必要があります。メールを送信した後はメールの開封率・メールに埋め込んでいる会社や商品を紹介するページへのリンクのクリック率・メールが売り上げの向上に寄与しているかどうかといった点を分析して、次回のメール配信に生かすPDCAサイクルを回す必要があります。ビジネススピードが速くなっている昨今では、これらの一連の流れを手作業で行うと時間がかかるためにビジネスチャンスを失う可能性があるのです。

メール配信サービスを利用するメリット

メール配信サービスには様々な機能があります。顧客に興味を持ってもらうために、画像を埋め込むことができるHTMLメールを顧客に送信することが一般的になってきていますが、HTMLメールを作成するには、CSS等の技術的知識が必要です。メール配信サービスを利用するとドラッグ&ドロップで簡単に作成できますので、効果的なメールを短時間で作成できます。メールの開封率や、メールに埋め込んだ会社や商品を紹介するページへのリンクのクリック率を自動的に収集する機能もあります。さらに、売り上げがメールの効果によるものかどうかを分析する機能もありますので、PDCAサイクルを早く回すことができます。手作業でメール配信を行う場合に比べて一連の作業時間を大幅に短縮できるとともに、効果的なメールをタイムリーに配信することができますので、ビジネスチャンスを失う可能性を低減させることができます。

顧客にたくさんメールを送りたいときに便利なのがメール配信のサービスです。これはプログラム制御によりメールの自動配信をしてくれます。